リストラ 派遣切り 再就職 職業

TOP

主婦向け

管理人

プライバシーポリシー

再就職は資格を取れば万全か?


中高年の方に限らず、資格を取得する方が増えているようです。私なりに収集した情報をここに公開します。多くは資格を取得しただけでは安泰ではないことに改めて気づかされました。また、かなりネガティブな内容であることを了承して下さい。

まず、前振りですが・・資格に関して2種類あります。


その資格がなければその職業につけないような資格職と言われているものです。例として、弁護士、医師、看護師、税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士などです。資格が無いのにその業務を行うと罰せられます。

次に資格がなくてもその業務を行うことができるような資格もあります。例としてIT系には多くの資格がありますが、その資格が無くともその業務を行うことができます。この場合の位置づけは、あくまでも資格を取得するために勉強したことを証明しているだけで、無いよりはあったほうが良い程度でしかありません。但し、お役所の仕事を受注する場合は資格保有者数が受注条件になる場合もありますし、会社によっては資格手当てを支給されたりもします。尚、簿記も資格職ではありません。


法曹や医師などの難関資格より比較的取得しやすい資格と言われている司法書士、行政書士、社会保険労務士、税理士などはどうか?

1.司法書士、行政書士、社会保険労務士(資格が無いと業務ができない)

司法書士、行政書士は資格を取得しても開業するには、どこかの事務所で修行してから独立開業することが殆どです。資格取得者が事務所に雇用されても給与はかなり低い傾向があるようです。独立開業するとしても、開業資金を貯めるにはかなりの困難が待ち受けています。仮に独立できたとしても顧客獲得には自らチラシをポストに投函するなどの営業努力は欠かせません。チラシの反応率は1%前後ではないでしょうか。チラシに反応しても全てが顧客になるわけではありませんし、殆どの企業には既に顧問として付いていますので、相当のことが無い限り新規開業しても顧客確保は困難だと思います。
更に法令変更などの勉強も欠かせません。

2.税理士(資格が無いと業務ができない)

司法書士、行政書士、社会保険労務士よりは難関なのはみなさんご存知だと思います。雇用された場合の給与ですが。どの程度なのかは現時点では分かりませんが、税理士だって資格だけで食えるわけではないことは一般的に言われていますので、期待しないほうが無難だと思います。開業した場合の営業努力ですが、司法書士、行政書士、社会保険労務士などのようにチラシのポスト投函は不可欠です。しかし、顧客を獲得して気に入られれば口コミで顧問先を紹介してくれることも多いようです。

3.中小企業診断士(資格が無くても業務ができる)

中小企業診断士はコンサルタント業務なようです。資格職では無いのでこの資格が無くても業務を行えます。資格を取得する人はサラリーマンが多く、独立することもなくそのまま雇用される人が多いようです。

3.IT系の資格(資格が無くても業務ができる)

IT系の資格は実に多様です。ソフトベンダー(例えば、マイクロソフトやオラクル)が独自に実施している民間資格とアプリケーションエンジニアやシステム監査技術者などの国家資格があります。いずれも資格職ではありませんので、誰でも業務を遂行できます。資格保有者数がシステム開発案件の受注に影響する場合もあり、多くの会社は資格手当てを支給しています。

4.簿記(資格が無くても業務ができる)

簿記1級であっても実務経験がないと採用されない傾向があります。簿記は資格職ではないので、何とか未経験で経理職についた上で、仕事と並行して資格を取得して会社内での地位向上を狙うか、転職するなどで自分の価値を向上する努力が必要です。





昨今はNHKで放送されたことなどでワーキングプアな歯科医も存在することが一般に認知されています。駅前の歯科医の数を見れば分かると思います。また、10年ほど前に司法試験を5年ほど挑戦していた友人に聞いた話ですが、弁護士の平均年収は400万とか500万だそうです。インターネットで閲覧できる情報によると、そんなに低くはないようですが、まんざら冗談とも取れないと思います。多分、地方で開業している方の平均かもしれませんね。


では、資格を取得しても意味は無いのか?

月並みで恐縮ですが、資格を取得しただけで生活が安泰になるわけではないと思います。マンションのポストにチラシを配布したり、涙ぐましい努力があれば報われる可能性があります。


しかし、これからの時代は生きていくだけでも厳しいものがあります。資格をとればそれだけで人生が豊かになるわけではなく、あくまでもスタート位置につけるものだと認識して下さい。

つまり、やはり資格は重要だと言うことですね。日本の会社に就職するには日本語が不可欠であるのと同じことです。


<<<前へ   次へ>>>

TOP

主婦向け

管理人

プライバシーポリシー

Copyright © 2009-2013 http://nr-worker.mtdoc.net/ All Rights Reserved.