リストラ 派遣切り 再就職 職業

TOP

主婦向け

管理人

プライバシーポリシー

名ばかり正社員


名ばかり正社員とは、法律的には正社員であってもその実態は他社に派遣される為に雇われた正社員を指します。

この正社員は派遣先がなくなると、暫くは会社に待機して次の派遣先を待ちます。


会社と言っても多くは管理のみを行うワンルームマンションを事務所にする会社も多いので、自社待機すらできず自宅待機になったりします。

バブル崩壊のころは、この待機社員を集めて木こりを強要して退職に追い込むとして新聞などで報道された企業もありました。
つまり嫌がらせをして退職に追い込むのです。
現在でも色んな方法で社員に嫌がらせを行い、退職に追い込むことは横行していますね。

その会社は派遣以外には事業を営んでいませんので、不況などにより派遣先がなくなると簡単に退職勧奨や解雇されて
非正規労働者と同じように雇用の調整弁として利用されるだけです。
つまり正社員であっても非正規労働者と同じ扱いであることから、「名ばかり正社員」と言われます。
現在は給与の何割かを助成する雇用調整助成金がありますので直ぐに解雇されることはないですが、助成期間を過ぎるとあっさり解雇されます。多くの会社は助成された金額をそのまま社員に渡しますのでなんら痛みはないですね。

雇用調整助成金もありがたいものですが、これが助成された後に退職や解雇された場合に支給される雇用保険は、「直近の給与(=雇用調整助成金)」から算出されますので、待機前の給与から算出される雇用保険よりかなり少なくなってしまいますので注意が必要です。

つまり、現在のような雇用調整助成金が無ければ、名ばかり正社員と非正規労働者はほぼ等しいと言うことです。

もちろん、不況時でも正社員募集がありますが、このような名ばかり正社員の採用も多いと言うことです。
このような会社に応募して内定通知が届いたとしても、派遣先が決まるまで採用を保留したりもありますので注意して下さい。何のことはなく、派遣先が決まったら直ぐに派遣できるように確保しておくだけです。
もちろん、派遣先が決まらなければ実際に採用されることはなく、採用保留されるだけで給与も支払われません。
(これは一般派遣でありながら、特定派遣を装って募集している悪質なケースです)

新聞などで報道される失業率は、みなさんもご存知のように「就職を希望して率先して就職活動をしている人」で、「就職を諦めた人」などは対象になりません。更に採用する気もないのに対外的に事業安定を装うために募集をする会社もありますので、失業率もあてにはなりませんね。

名ばかり正社員の多い職種は(自称)IT企業です。ITと言っても社員が数万人もいる上場企業もあれば、数人の零細企業もあります。今はどうだか知りませんが、昔は社員数2万人の上場企業であっても、毎年5000人新卒採用しても社員数に変化が無い入れ替わりの激しい業界です。


もうひとつ、あまり知られていない事柄もあります。
特に派遣技術者についてですが、1つの募集が複数の会社に流れてその会社毎に募集を行うと求人数が何倍にも膨らんでしまい、(名目上の)失業率の低下を招いています。

このような会社を最近では「ブラック企業」と言う範疇に含めます。


<<<前へ   次へ>>>

TOP

主婦向け

管理人

プライバシーポリシー

Copyright © 2009-2013 http://nr-worker.mtdoc.net/ All Rights Reserved.