リストラ 派遣切り 再就職 職業

TOP

主婦向け

管理人

プライバシーポリシー

農業に就職 - 就農


最近の派遣切りで従来から人手不足と言われていた農業関連や介護関連が注目を浴びていますね。

農業はとかく過酷で低収入と言われ、そもそも農家が人手を雇って成立する産業ではありませんよね。実はこの状況って農地法が邪魔をしていたんです。


しかし、2009年を境にどうも情勢が変わりそうです。と言うのも、あまりニュースでは見かけませんがこの農地法が改正され企業が農業に参入しようとしているからなんです。つまり、まっとうな農業の求人があるかもしれないということです。みんな農業は未経験ですから、スタートラインは一緒です。

そもそも日本の農業って戦後の農地解放などで農家が一気に増えて、戦後もその農家を優遇することで自民党が票田として利用していたからなんです。みなさんも一度や二度は聞いたことがあると思いますけど。家族で農業をやっても、農業機械などの導入が中々進まず、農協なども巻き込んで農機具の共同購入をしてもしょせん家族経営ですので、効率化にはおのぞと限度があったのです。ゆえに、農業は儲からないと言われていたんですね。

しかし、本当にそうでしょうか?
世界をみればアメリカは農業大国でもあります。飛行機で種をまき、飛行機で農薬を散布している写真を学校の教科書で見た記憶がお有りだと思います。ここで考えます。アメリカで可能であれば日本でも可能ではないだろうか? と。

もちろん、日本とアメリカでは国土の広さが違うと反論があるでしょう。

しかし、農業は広さだけではありません。売れる作物を栽培することも必要です。高く売れる作物を栽培するのです。日本でも普通のサラリーマン以上の収入を得ている農業法人のサラリーマンが存在します。テレビでも放映されましたのでご覧になった方もいらっしゃるでしょう。

この農業法人は外食企業と個別契約を結ぶことで高額な作物を栽培して、多くの売り上げを計上しています。またホームページで個人向けに農作物も販売したりしています。売れ残り?売れない作物であれば売れ残りもあるでしょう。しかし、現時点では販売と同時にほぼ売り切れるほどの盛況ぶりです。みんな安心できる食材を探しているのですし。それに作った本人が販売しているのですから、ヘタな収穫物は販売しませんよ。自分の信用問題に関わってきますからね。

そしてその農地法が改正されれば企業が一気に農業に参入されると予想されます。企業ですから、当然利益が見込めなければ参入してきません。しかし、以外にも多くの企業が参入を表明しているのです。企業ですから、機械化やコスト削減をして従来の農家より高い生産性を確保することでしょう。また、外食産業自体が自社で消費する農作物を生産することも多いと思います。

それに日本人は概してまじめです。日本の工業製品は高性能でしたよね。同じように農業作物にも言えるのではないでしょうか? 近い将来、日本の農作物が安全だということで世界を席巻しているかもしれませんね。


農地法改正により上記のような「就農」も一般的になるかもしれませんね。2009年末には改正農地法が施行されます。今年の晩夏か初秋のころには農業の求人が出てくるかも知れません。


<<<前へ   次へ>>>

TOP

主婦向け

管理人

プライバシーポリシー

Copyright © 2009-2013 http://nr-worker.mtdoc.net/ All Rights Reserved.