リストラ 派遣切り 再就職 職業

TOP

主婦向け

管理人

プライバシーポリシー

雇用を作る(2)


過去の記事で自分の雇用は自分で確保しようと言いました。これは既に誰かに依存して雇用を確保する時代では無いことを前提にした話です。雇用されても景気に連動して解雇される時代ですから、このようになるのは必然だと思います。正社員は解雇されないのは過去の伝説です。


私は「自分の雇用は自分で」の意味は顧客が少なく、企業が参入できないようなニッチを対象にしたサービスを提供することが生き残る道だと言いました。

今回はもう少し話を発展させてみようと思います。

1人で対応できる程度の顧客数のニッチ市場と言いましたが、何もそこまで極端なことでも無く例えば10人で対応出来る位のサービスを提供できるような場合も含みます。

例えば、10人で資本金を出し合って株主になって会社を運営する。以前から良く聞く手法ですが、ニッチを狙うことには変わりはありません。チェックポイントは全員が株主だと言うことです。

自分が所属している会社の会社の株を保有しない、または保有しても持ち株会に入って保有する程度の株数では自分の意見は全くと言って良いほど反映されませんので意味はありません。

やはり自分の意見が通るような株数を保有していることに意味が有ります。そして、会社運営と自分の生活が等しい関係にあるので、一般企業のような徐々に衰退する可能性も排除できそうです。

従来の会社のように一方的に雇用されるだけの関係ですと、「会社の利益を考えて行動する」概念が有りません。あくまでも自分の利益優先で考えてしまいます。ここで契約を確保すれば会社の売り上げが上昇するので自分の地位(雇用)は確保されると言う「自分の利益」が優先されます。しかし、実態は会社はマイナス利益になっていても一向に気にしません。
また、営業職などのように個人の成績を明確に規定できそうな場合を除いて、一生懸命会社に貢献しても評価されることもなく、報酬に直結しません。

しかし、自分が株主であった場合は会社の利益を優先させます。それは自分の利益とリンクしているからです。つまり、業績が悪くなれば誰かに指示されずにもっと利益を上げようと考え始めるのは誰が見ても当然ですね。

そして会社の業務内容は他の追随を許さないサービスを提供する必要があります。

ではどのように探しますか?

ネットで検索しても殆ど出てきません。ネットに殆ど存在しないから意味があるのですし。そもそも検索キーワードすら思い付きませんよね。


しかし安心して下さい。大学や研究施設で発表されている論文を探せば良いのです。その中には未だ実用化されていない手法が潜んでいます。その手法を利用すれば過去に無いサービスを提供出来る可能性があるのです。何も研究内容そのものを商用化しようと言うような直球を言っているのではありません。あくまでも手法が利用できる可能性があるかを見るのです。


<<<前へ   次へ>>>

TOP

主婦向け

管理人

プライバシーポリシー

Copyright © 2009-2013 http://nr-worker.mtdoc.net/ All Rights Reserved.