リストラ 派遣切り 再就職 職業

TOP

主婦向け

管理人

プライバシーポリシー

弁当屋もやりようで繁盛するかも


いまさら弁当屋なんてダメだと思いますか?

弁当屋はチェーン店で飽和状態、いまさら個人で弁当屋を始めてもやっていけないだろう・・・と一般的には考えられます。


この記事は分かりやすくする為に弁当屋を例にしていますが、他の業種でも応用できると思います。

個人で営業する弁当屋ならば、うちの弁当は美味しいので絶対売れるはず。一度食べればリピーターになるはず。他より安くて美味しいので絶対繁盛するはず。

でも美味しいのは当たり前。他の店とおなじようなメニューならば安くて当たり前。お客さんはそのように考えています。
人それぞれの思いで起業しますが、殆どは廃業する運命だと思います。その廃業する人たちの殆どは、他の店と同じような味だったりメニューだったり、値段だったりだと思います。つまり、個性が無いのです。

あくまでも例え話ですが、殆どの経営者はエビ1匹20円で仕入れているものを10円にコストダウンして・・・などと考えると思います。

しかし、個人営業の弁当屋で仮に数店舗を運営しているとしても、多少のコストダウンはあまり意味が無いと思います。

こんな場合は何かテーマを考えると良いでしょう。

例えば、万人に共通なもの(特にOL)としてダイエットがありますよね。でも、単にカロリーを抑えるだけではヒネリがありません。ボリュームがあってそれでいてダイエットになるもの。

それとも、「ダイエット」は表に出さないけど、万人がダイエットや健康に良いと認知するようなもの。例えば、ライスを玄米に置き換えるとか、天ぷらだけど油を使わない(少ない)とか、誰でも思いつくけど実行している弁当屋は少ないような工夫が必要です。玄米だって炊き方で美味しくなるものです。

ダイエットは同じ方法でも人それぞれに効果があったり無かったりしますけど、誰かがダイエットで効果があれば口コミで広がっていきます。そしてダイエットに成功した人は、あなたのお店しか来なくなります。(もちろん、毎日来ても飽きないようなメニュー数は必要ですけど)

ダイエットの逆ですが、客寄せの大盛りメニューだって古いアイデアですが今でも充分機能すると思います。ダイエットで女性を集めて、大盛りメニューで男性を集める。言うまでもないですが、サプライズですから大盛りにしても価格は据え置きですよ。

新しいアイデアは既存のアイデアの組み合わせですから、出来そうも無いから頭の中で無意識に排除していることを再度考えてみることも必要です。

言うは易しでしょうけど、繁盛しているお店はこのような努力をしているものです。仮に廃業することになっても、努力してダメだったら諦めもつくでしょうし。

今回は説明しやすいので弁当屋を例に出しましたけど、営業だってITだって同じです。単なるイケイケだったり、ひたすら頭を下げるだけの営業で売れる時代ではありません。ITだって新しい言語を覚えた人を派遣してシステム開発するだけでは差別化できません。

営業ならば心理学を駆使する。もちろん、営業で心理学を使うのは常識ですから、それを察知されないようにする工夫したり、システム開発でも単に言われたことをするのでは無く、提案型のシステム開発は今では常識ですからね。


飽和してしている業種でも、その中で他と差別化できればまだまだやっていけると思います。当たり前の「差別化」ですが、案外既にあなたの頭の中にヒントがあるかもしれませんね。


<<<前へ   次へ>>>

TOP

主婦向け

管理人

プライバシーポリシー

Copyright © 2009-2013 http://nr-worker.mtdoc.net/ All Rights Reserved.