リストラ 派遣切り 再就職 職業

TOP

主婦向け

管理人

プライバシーポリシー

もっと勉強したいと各自が考えるような政策


現在の日本では新卒で就職してそのまま社会で、ある人は1つの会社で、ある人は複数の会社で、またある人は個人事業主や起業して年を経ていきます。

新卒時点の最終学歴以降は一部が社会人として大学院に入ったりはしていますが、多くの方が就職後にもっと勉強して置けば良かったと後悔したまま一生を終えます。


米国では一旦就職後や軍隊除隊後に大学に入りなおしたりするのが一般的です。これはある程度の社会経験を積まないと悲しいかな人は勉強の重要性を認識しない生き物だからです。

これからの世界的な潮流として人として唯一の資産が肉体しかないような人は多くを機械に代替されていくでしょう。つまり、才能や能力があっても法律的な結果として時給や時給換算しての給与を貰うのでなく、本当の意味での時間の切り売りしかできない人の多くは働いて報酬を得る行為が出来ない時代だと言うことです。

それに幾ら法律で規制しても人のグローバル化は避けられません。いわゆる途上国からの人の流入は避けられないということです。これは物理的に日本に移民が流入することを指すわけでは無く、工場の海外移転も含みます。

日本が国として途上国に追いつかれることになるか、今までの席を途上国に譲って先に進むかの選択は自由ですが、やはり後進に道を譲る義務があると思います。日本は先に進むしか道はないでしょう。

そのためには能力の底上げをするしかありません。読み書きソロバンだけで職を得られる時代ではありません。底上げするには口を酸っぱく勉強しろと言っても勉強しない人が統計的に多数を占めている現実では無理です。そのための一旦就職して必要性を各自が認識した上で学べる機会を提供するような国としての政策などが必要だと思います。

このような政策であれば、政治家の利益誘導とは無縁で”常識的な正義”で法案は通ると思います。人材面で産業界などとの調整が必要かも知れませんが、”常識的な正義”で容易に合意できると思います。

実は日本でもこのようなことは実際にありました。昔の軍隊では陸軍士官学校や海軍兵学校を卒業して一旦現場に配属になってから数年後に陸大や海大へ進むことになっていました。但し、成績優秀者だけですけど。

これと同じことを選ばれた成績優秀者だけではなく、希望すれば実現するような社会のコンセンサスを得られるような政策が必要だと言うことです。実際に一旦現場を経験すれば、殆どの方は勉強に目覚めてそれが「社会常識として定着」するのではないかと思います。

みなさんもニュースなどを通じて、体温が高い人を発見するシステム(カメラ+アラーム)が空港に導入されたことをご存知でしょう。従来は担当者が直接顔色などを見て判断していたものです。また、入り口の設置したカメラで入ってくる人を撮影し、顔を認識してセキュリティチェックをするようなシステムも既に実用化されています。これも従来は人が目視でチェックしていたものを機械に置き換えたものです。

これは研究開発段階ではなく実用化されたシステムです。このように人が行っていたことは機械に置き換わっています。

機械が機械を作るターミネータのような世界が間近に迫っています。既に何%かが実現した時代に突入しています。その実現度合いは年々増えています。最終的には100%にはならず多少は人が介在するでしょうけど、その介在する人はごく少数です。

人の仕事はどんどん高度化しています。放置しておいても自然に各自が学習するのは読み書きソロバンが限界です。文盲は現在の日本には殆どいませんが、いままでの方法で小中高校大学で卒業して就職するだけでは高度化に対応できません。どの政党でも構いませんが、就職後に必要性を実感してから再度学べることが当たり前な国にして欲しいですね。


その先には何があるのでしょうか?
ハッピーエンドの小説のような世界が実現するならば、スタートレックで設定されたような通貨と言う概念が消失し、貧困が撲滅された世界でしょうね。今はそこに至る過渡期だと思いたいです。


<<<前へ   次へ>>>

TOP

主婦向け

管理人

プライバシーポリシー

Copyright © 2009-2013 http://nr-worker.mtdoc.net/ All Rights Reserved.